社員のモチベーションを上げる社員教育とは?

成長が実感できる!社員教育に大切な事

社員のレベルアップのための社員教育。やりやすい事では社員研修があるのですが、実施する場合はただスキルアップを図るだけでなくモチベーションの向上も期待したいところです。社員が自分に自信を持つようになれば、作業効率もあがり業績に好影響を与える事ができます。そのため、スキルアップとモチベーションの向上を同時に高めるための研修を意識して計画しましょう。
ではどのような研修が良いかというと、社員に成長を実感させるもの、具体的な例を出すなどして社員が理解しやすいもの、実践演習を加えつつ経験を積ませるものなどが効率的です。例えば、ただ座学を続けさせるような研修だと、研修中は理解しているつもりでも実践で思い出せなかった、研修中に眠くなりあまり聞いていなかった、などの社員が出てきてしまいます。

目標を設定する!社員ごとの成長

では、具体的にはどのような研修にすればよいのでしょうか。実践演習を例にすると、まず目標となる結果を見せる必要があります。例えば接客業の場合、教える上司が実際に接客している姿を見せ、どれだけの差があるのかを教えましょう。言葉遣いだったり、道具の持ち方だったりなど差がどこにあるのかを実際に教えて、最終的にはこれができるようになりましょう、と目標値を設定すると良いです。実際に目指す姿をはっきりさせる事で、研修の目的を理解させる事ができます。そして、研修後にこれだけ成長した、という具体的な例を教えてあげる事で社員の自信を高める事が可能です。
社員のモチベーションは、自分が成長している事を実感した時にも向上します。どれだけ成長できるのか、そして教育後に成長したのかを理解させ、やる気のある社員を育てていきましょう。