その社員教育は必要?社員教育の計画の立て方

実践出来る環境の有無を確認しよう

社員教育で何をするかは、会社ごとに変わります。どれだけの期間をかけ、どの様な効果を求めるかということによって、社員教育の中身も検討すべきですが、それ以上に大切なのは実践出来る環境が用意されているかどうかです。どんなに優れた社員教育を施しても、それらを実践出来る機会が乏しかったり、業種や会社の方針と合致していなければ、効果は期待出来ません。それどころか、社員を混乱させ、上辺だけの社員教育となってしまうので注意が必要です。また、全ての社員が矛盾することなく、社員教育の意図や方針を理解していることも大切になります。社員教育が本当に必要なものなのか、効果が出るように工夫されているか、といった点を適宜、見直すことも欠かせません。

誰を対象に行われるのか、しっかり考慮しよう

社員教育の計画を立てる前に明確にしておきたいのが、誰を対象に行われるかという点です。経験の差であったり、意識の向け方が違ったり、社員は一人一人が異なるバックグラウンドを持っています。当然、新入社員への社員教育と、役職を持つ社員への教育内容は変わって来ます。新入社員であれば、頻度を高くし、じっくりとした社員教育が好ましいかもしれませんが、役員クラスの社員を対象としたものであれば、あまりに頻繁に行われると業務への支障が出てくるかもしれません。社員教育の内容や頻度、そして実施する規模など必要な事柄は、対象となる社員をきちんと把握しさえすれば、自ずと見えて来ます。計画を立てる前に、誰の為の社員教育なのかといった部分を明確にすることが欠かせません。また、社員教育の具体的な計画を立てる際には、繁忙期を外したり、社員の負担とならない様、配慮して計画することも大切です。